心石形成外科

心石形成外科

メニュー
予約専用電話(予約制)
レーザー治療 レーザー治療

先天性色素性母斑(黒アザ)の治療

この治療にはルビーレーザーヤグレーザー
エルビウム・ヤグレーザー電気メスを用います

太田母斑(ルビーレーザー治療)

先天性色素性母斑を完全に除去するには切除術が必要です。縫合して線状の傷跡にする場合、1回ですべて切除する方法と数回に分けて切除する方法があります。縫合できない場合は切除後に植皮術が必要になります。

母斑の色が褐色の場合は、レーザー治療を繰り返して薄い色にできることもあります。

この治療にはルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、エルビウム・ヤグレーザーを使用します。ルビーレーザーまたはアレキサンドライトレーザーの、ノーマルパルスモードで表皮を剥がしてから、Qスイッチモードを照射します。また、エルビウム・ヤグレーザーを用いて先に表面を削ってから、Qスイッチレーザーを照射することもあります。

いずれにしてもレーザー治療で完全に除去するのは困難で、多少瘢痕も残ります。一旦薄くなってもまた濃くなってくることもあり得ます。

太田母斑(ルビーレーザー治療)

当院は予約制です

予約専用電話(予約制)

レーザー治療についてのご説明 予約専用電話(予約制)