心石形成外科

心石形成外科

メニュー
予約専用電話(予約制)
レーザー治療 レーザー治療

青アザの治療

この治療にはQスイッチレーザーを使用します。
ルビーレーザーアレキサンドライトレーザーがあります。

太田母斑(ルビーレーザー治療)

太田母斑は真皮の浅層から深層に真皮メラノサイト(メラニンを含む細胞)が存在します。メラノサイトの深さによって褐色や青色になります。新生児期からある場合や、思春期ごろから生じることもあります。

Qスイッチレーザーを照射すると、レーザー光がメラニンに吸収されて高熱が発生し、その熱でメラノサイトが破壊されて色が薄くなります。治療するごとに薄くなっていきますが、5回以上必要なこともあります。治療のペースはおよそ3~6か月に1回程度です。

太田母斑(ルビーレーザー治療)
異所性蒙古斑(ルビーレーザー治療)

蒙古斑は腰部、臀部に生じることが多いですが、その他の部位に生じたものを異所性蒙古斑と言います。蒙古斑と同じく異所性蒙古斑も自然に薄くなりますが、濃い場合や残った場合にはレーザー治療を行います。通常、乳児期までは2~3回以内の治療で、かなり薄くなります。あとは自然に消えていきます。

異所性蒙古斑(ルビーレーザー治療)

当院は予約制です

予約専用電話(予約制)

レーザー治療についてのご説明 予約専用電話(予約制)